乳幼児のいるご家庭で行うべき災害対策や備えておくと良いもの

自然災害が発生した時に冷静でいられるように

災害から身を守るための防災意識とは

予測ができない自然災害は、いつ起こるのかもわからず、忘れた頃にまたやってきます。
ですが、この地球上に生まれてきた私たちには、自然災害を避けることや止めることは、決して出来ることではありません。
ですので、私たちはどんな災害が起こっても、私たち自身で自分たちの身を守らなければならないのです。
災害から身を守るためには、私たち一人一人が自然災害に対する「防災の意識」や「考え」をしっかりと持ち、日頃から備えをしておくことが何より大切です。
そして、災害が起きた時に被害を最小限に抑えられるように、日頃から防災意識を高めておくことも重要なのです。
皆さんも、自然災害が起きた時に災害に巻きこまれないように、日頃から防災意識を高めてみてはいかがでしょうか。

家族で防災意識を高めましょう

どんな時に起こるかわからない自然災害ですが、皆さんは、ご家庭で災害が起きたらどのように行動するかなど普段から話し合っていますか?
もしも、ご家族がバラバラに避難している最中に、突然、スマホや電子機器が使えなくなってしまったら、その時、皆さんはどのように行動されますか?
考えたことや想像されたことはございますか?
災害を経験されたことがない方には、想像することは少し難しいかもしれません。
ですが、大災害が起きてしまってからでは、遅いのです。
事前に、避難方法や避難所、連絡方法についてなど、家族できちんと話し合っておきましょう。
そして、ご家庭で防災の意識を高めましょう。
災害時の知識を得ることで、いざ災害が起こっても正しい行動をとることができるのです。
本やホームページでも、知識を得ることができますので、一度、家族で目を通してみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする