乳幼児のいるご家庭で行うべき災害対策や備えておくと良いもの

乳幼児のいるご家庭で行うべき災害対策

乳幼児のいるご家庭の災害対策とは

乳幼児のいるご家庭では、日頃からきちんと災害対策は出来ていますか?
乳幼児のいるご家庭の災害対策とは、防災バッグや避難バッグには、お子さんの必要な物は入っていますか?
そして、地震などが起きた時のために、上から物が落ちてこないような、安全な部屋づくりは出来ておりますか?
必要な備えについても、日頃から考えることが大切です。
そして、乳幼児の成長は早いので、避難バッグに入れておいたオムツや服や下着など、お子さんのサイズが変わることに入れ替えをしましょう。
乳幼児は、脱水症状を起こしやすいので、十分な水分補給が出来るように、飲み物なども多めに備えておきましょう。
いつ、どこで、どんな状況で、起こるのかわからない自然災害。
日頃からシミュレーションをしておきましょう。

安全な部屋づくりをして事故防止

日本では、毎日地震が起きており、地震が多い国で有名です。
皆さんは、地震大国の日本で、震度5以上の地震を体験されたことは、ございますか?
震度5強の地震が起きると、人は非常な恐怖感を感じるそうです。
家の中では、家具が倒れたり、ドアが変形して開かなくなることもあるそうです。
地震6になると、立っていることが困難になったり、家具の多くが移動したり、転倒したり、窓ガラスが破損することもあるそうです。
皆さんのご自宅では、地震対策などは出来ていますか?
家具やインテリアの配置や固定など、きちんとされていますか?
大きな地震により、家具やインテリアが倒れてケガをしてしまう事故が起きたり、逃げ道の妨げになってしまうこともございます。
ですので、安全な部屋づくりをして事故防止に、そして、ご家族の身を守りましょう。


この記事をシェアする